夏は太りやすい理由

こんにちは、ふたば整骨院の大藤です。

今年の夏は異常な暑さで各地で最高気温を更新したりして熱中症になってしまったり、体調を崩される方も多いのではないでしょうか。

 

さて、夏バテとまではいかなくてもあまりの暑さに、なんとなく元気にモリモリ食べる気持ちにはならない、という方は多いと思います。そのため、「夏は痩せる」と思っている人が多いようですが…

 

①「夏は痩せる」は勘違い

夏は、動かなくても大量の汗をかきますし、食欲が落ちて食べる量が減ることもあるので、なんとなく「夏は何もしなくても痩せちゃう」と思っている方が多いようです。

でも実は、夏こそ太る人が多い季節です。まず、汗をかいても痩せません!

エネルギーは、汗をかくことでは消費されないからです。それなのに「汗をかいて喉が渇いた!」と、ジュースやビールをたくさん飲んでいたら、エネルギー過剰になります。また、食欲が落ちて食べる量が減ったとしても、食べるのが麺類ばっかりだとしたら、炭水化物のとり過ぎで痩せにくい体にもなります。

何より、夏は代謝が低くなるということを覚えておきましょう。冬は、寒くても体温を保たなければならないので、体は代謝を高め、熱を発します。夏は外気温が高いため、代謝が低くても体温が保たれますので、つまりは「省エネ状態」なのです。

まずは「夏は痩せる」という、誤った認識を捨てるようにしてください。

 

②こんな生活が原因

あなたの生活に当てはまるものはありませんか?

☆「暑いから無理」と運動をしない

これが一番の原因かもしれません。クーラーの効いた部屋に入ってしまうとなかなか出られない。夕方になってみると首や関節が固まって、ミシミシと音を立てる。そんな毎日を送っている人は、簡単な体操だけでもする習慣をつけましょう。

☆「ばてないように何か食べなきゃ」と、高カロリーなものを食べる

カロリーだけが体を保っているのではありません。必要なのは偏った栄養でなく、バランスの取れた食事。高カロリーなものを食べていては、当然太ります。

☆冷たいものをよく食べる

冷たいものは確かに気持ちよくなりますが、食品は、温度が低いと味を感じにくくなりますので、冷たいものには温かいものより多めの調味料が入っています。そのため、いつの間にか塩分糖分過多・油分過多になることが多くあります。種類にもよりますが、冷たいものと温かいものだと味覚に約5倍も差があると言われています。例えばコーラなど氷を入れて冷やして飲むとそれほど甘さも気にならないかもしれませんが、常温だと甘すぎておいしくないですよね。さらに炭酸が抜けたコーラなど飲めたもんじゃないですよね。という具合に冷たい物にはより多くの砂糖などが使われていることがありますので、注意してくださいね。

今年は残暑も厳しいようでまだまだ暑い日が続きそうですので、くれぐれも体調崩さないように乗り切っていきましょう!!

 

ふたば整骨院

治療案内

各種保険取扱・交通事故・労災・自費治療

対応可能な症状

骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷、肉離れ、交通事故治療、
スポーツ外傷、スポーツ障害

受付時間
9:00~12:00
15:00~20:00
土曜午後は15:00~17:00まで

休診日:日曜・祝日・第3木曜
学会やセミナー等の都合により休診をいただく場合もあります

047-324-3721

 

〒272-0034
千葉県市川市市川1-13-12 グリーンパレスMK101

アクセス

JR市川駅 徒歩3分
お車でお越しの方は近隣のコインパーキングをご利用ください。